[DVD] ドモ又の死

型番 NEGA-05027
定価 5,184円(内税)
販売価格 5,184円(内税)
購入数

癒されない女だらけの<ドラッグ&ドロップ>ミュージカル

メインキャスト10人は、すべて女性!
大正時代の売れない画家の苦悩を描いた作家・有島武郎(1878-1923)の同名戯曲が、
等身大のガールズ・ムービーとして蘇る!


2006年、日本。ここにはヒロインもヒーローもいない。登場するのは、過剰と欠落を抱えた、ほんの少し「普通」からはみ出した6人の女の子。舞台は情緒障害者更正施設「ハマー・ナナの家」。豊かなのに飢えていて、自由だけれど息苦しい。幻想のない等身大の女の子を描いた「ガーリー・ムービー」が完成した。投げやりで甘美な戯れと、真剣なのに滑稽なやり取り。生と死の境界をさまよいながら、誇り高き登場人物たちが織りなす人間模様。それは、「アーティストはなぜジャンキーになるのか」と問い掛ける監督奥秀太郎の心の軌跡でもある。
映画『ドモ又の死』は、「芝居する芝居」を芝居する芝居である。日本を代表する作家の一人、有島武郎(1878−1923年)の同名戯曲を劇中劇に引用しながら、現代社会の片隅に物語を再構築している。大正時代の売れない画家たちの苦悩というフィクションに、平成を生きる女の子の日常と葛藤というドキュメンタリーが大胆にリミックスされ、「リアル」と「ごっこ」がスクリーンでせめぎ合う。寒々とした草むらの土、手のひらに吐き出された血、棺桶のドライフラワー…。原作では文字にならなかった死の匂いが、巧みな映像で立ち現れる。そして何重もの視線に包まれた「入れ子」の真ん中には、いつの時代も変わらない、反骨精神にあふれるアーティストの熱い魂をしのばせた。
美しき夢を抱き、現実につまずき、唇をかみ締めている無数の小さき者たちへ。真剣に生き、人生を追い求め、死を凝視している無数の小さき者たちへ。奥秀太郎の視線は、私たちが大切なものを諦めそうになる瞬間を見逃さない。「本当にそれでいいのか」と抵抗を試み、小さな魂をぐっと奮い立たせてくれるのだ。


映画監督:奥秀太郎 × 10人の女たち

監督は、NODA・MAPや大人計画、東宝、宝塚歌劇団など様々な劇団の映像プランナーや、舞台演出を手掛ける一方で、『赤線』『カインの末裔』などインディペンデント映画を精力的に撮り続ける新世代のアヴァンポップ映像作家・奥秀太郎。そして監督のラブコールに応えて集結したメインキャストの‘10人の女たち’。 『TOKYO!<インテリア・デザイン>』(監督:ミシェル・ゴンドリー)(08年カンヌ国際映画祭正式出品作品)で注目の藤谷文子。『ラブ&ポップ』の三輪明日美。劇団「毛皮族」主宰の江本純子。柳英里紗、野村恵里、毛皮族の高野ゆらこ、本作の音楽も担当するミュージシャンのつるうちはな…そんな若手女優たちの脇を固めるのは、『かもめ食堂』の片桐はいり、『笑う蛙』の大塚寧々、そして今回映画初出演を果たした少女漫画のパイオニア『ポーの一族』の萩尾望都。ゴージャスなキャスティングは壮観の一言だ。
ジャンルの垣根を越えて集結した才能たちが「アーティストはなぜジャンキーになるのか」というテーマに挑む。


若くして死ぬしかない。

ジャンキー少女たちのストレスフルな「家」で繰りひろげられる
<ドラッグ&ドロップ>ミュージカル


ドラッグ中毒者のための更生施設、ハマー・ナナの家。そこに暮らすのは、反骨的で無愛想な戸部=ドモ又(江本純子)、優等生だけれど泣き虫のとも子(三輪明日美)、男言葉で話すリーダー的存在の花田(藤谷文子)、常に心虚ろな澤本(野村恵里)、お調子者の瀬古(高野ゆらこ)、花田にくっついて歩く青島(つるうちはな)の六人。彼女たちは、お互いを必要としながらも、ときに傷つけ合いながら共同生活をおくり、油絵やドライフラワー作りといったプログラムをこなしている。しかし、入院中の院長先生(萩尾望都)に代わって施設を支配するスパルタ主義の教官(片桐はいり)によって、更生カリキュラムは迷走してゆく。スポンサーである九頭龍(大塚寧々)はそんな施設の行方に疑問を抱き、援助を打ち切ろうとするが、ドモ又に憧れる娘のユカ(柳英里紗)の反発に、戸惑いを隠せずにいる。

ある日、彼女たちに与えられた新たなプログラム、それは芸術家の青年たちの苦悩を描いた戯曲、「ドモ又の死」を演じるということ。若くして死ぬことこそ、自らの芸術を世間に認めさせる最良の手段である。そう信じて、仲間のうちの誰か一人に死を装わせようとする五人の貧乏画家と、モデルに雇われたひとりの女の物語。クリスマスの発表会に向けて稽古の日々を送るうち、やがて演じることに没頭していくドモ又たち。
だが、発表会の直前に、ひとつの悲劇が訪れる・・・。

果たして、ついに開演した「ドモ又の死」で、彼女たちは何を見せるのか?



奥 秀太郎監督作品
「ドモ又の死」
www.domomata.com
2009年1月22日発売
商品番号:NEGA-05027 (SELL&RENTAL)
JANコード:4560206455272
価格:5040円(税込)
発売・販売元 株式会社NEGA

Your recent history

Members only page

ログイン