[DVD] 日雇い刑事

型番 NEGA-05022
定価 5,184円(内税)
販売価格 5,184円(内税)
購入数

今や演劇界にとどまらずポップカルチャーのトップランナーとなった大人計画と、2002年に惜しまれながら解散したマルチライブ集団HIGHLEG JESUS。両劇団の劇中映像を数多く手がけてきた奥秀太郎だからこそ撮ることができた、絶妙のドライブ感と脱力ギャグ満載のネオ・ヤクザVS刑事ムービー!
東大出のヤクザ“ヤス”に阿部サダヲが、天才マッドサイエンティスト“バイオ”に宮藤官九郎が扮し、メジャー映画やTVドラマとはひと味もふた味も違うキレた演技を披露している。秋葉原でのゲリラ撮影、スリリングなアドリブ連発、単なる宴会シーンなどなど今では再現不能な奇跡のショットがつぎつぎに炸裂。2004年の公開時には、テアトル新宿のレイトショーで異例の動員を記録し奥秀太郎監督初公開作品としてセンセーショナルなデビューを飾った。
現在は絶版のため入手困難となっている幻の「日雇い刑事」、ファン待望の再DVD化。

ストーリー
呑む、打つ、買う…これが俺達の捜査だ!
長引く不況の中、警察はついに刑事にもパートタイム制を導入した。そんな日雇いデカの一人・通称“日雇い”(今奈良孝行)は、外国人留学生の住む家賃一万五千円の四畳半アパートで寝起きし、普段は鳶職人として働いているが、事件が起こると携帯で呼び出される生活。
一方東大を出たヤス(阿部サダヲ)は、コンピューター組立販売で富を得て一躍時の人となった組長(皆川猿時)率いる山口組系長坂組の新入組員となる。バイオ(宮藤官九郎)はコンピューターにLSDを仕込み密輸することを企てるが、組長がその事業に熱中するあまり愛人むつこ(中坪由起子)は浮気をしてしまう。その相手はなんとヤスだった。
組長から逃げるヤスは、組の捜査を担当していた日雇いと出会い奇妙な交流が始まる……
超アナログ・下品・無知を極めたやさぐれ刑事と、ハイテク・ゴージャス・インテリジェントなヤクザたち。崩壊寸前の日本をゆさぶる仁義なき階級闘争、その運命やいかに!?

----------

【 特典映像 】
予告編(「今年のGWは日雇いだ!」編、「三度のメシより刑事が好き!」編)
未公開映像(本編ではカットされた貴重なテイクが盛り沢山!)

【トピックス】
「今度の日雇いは聞きとれる!」音声リマスタリングにより台詞は聞きとりやすく、音楽は更に迫力増!


監督 奥秀太郎「赤線」「日本の裸族」「カインの末裔」(2007年陽春公開)
出演 今奈良孝行「赤線」
阿部サダヲ「木更津キャッツアイ」
宮藤官九郎「真夜中の弥次さん喜多さん」監督・脚本
河原雅彦「ハチミツとクローバー」脚本
荒川良々「嫌われ松子の一生」
皆川猿時バンド「グループ魂」港カヲル
製作 M6 TRANCE PICTURE WORKS www.m-6.gr.jp
配給 NEGA www.nega.co.jp (2002/日本/カラー/DV/91分)

Your recent history

Members only page

ログイン